2013年7月

rss

件数:5



7月3日の京都新聞のニュースで

『 太子山の荷茶屋復活 祇園祭、半世紀ぶりに巡行随行 』
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20130703000019

を知り、是非とも行ってみたい と隙を伺っておりました。

というのも、学生時代、太子山の南隣りのマンションに起居しており、

鉾建ての 木槌の音が、夏の目覚まし代わり だったから であります。


【担い茶屋】 とは?

角川の茶道大辞典によりますと…


〈風炉・釜・茶道具を天秤棒で担い、縁日や行楽地の人々の集まる所へ行って茶を売る道具。

室町時代になると、飲茶の習俗の普及に伴い、寺社の門前などに一服一銭という安価な茶売りが登場し、それに続いて棒振りと称する

担い茶屋が現れた。…(中略)… 慶長四年三月に古田織部の一行が吉野で花見の宴を開いた時、

「利休亡魂」と額を打った担い茶屋が持ち出された。

京都では禁裏に出仕する檜垣茶屋という担い茶屋があって、今日もその道具が伝承されている。

淡々斎千宗室によって考案された御園棚という立礼に用いる棚は、この担い茶屋から着想されたという。〉


とのことで、

洛中図屏風 などを細部までじっくり見ていますと、そこに描かれたりしております。


上記、新聞記事には、

「巡行の休憩などに使われ」「昭和30年代に冷たい飲み物が普及し、巡行時間が短縮されたこともあって、姿を消していった。」

とありますが、太子山の解説文には、

「神仏のお下がりを、行事の参加者が頂くという宗教行為から始まっています。」「祇園祭において、荷茶屋のお茶を飲むことも、神事の大切な要素の一つなのです。」

と書かれていました。


残念ながら、半世紀ぶりに随行したはずの、本日の巡行は見に行けませんでしたが、

宵山の昨日、約20年ぶりに、お祀りしてある秦さんのお宅を訪れました。


(私は、祇園祭の「屏風祭り」が、当時から大好きだったのですが、久しぶりに各山鉾町を巡ってみて、家宝を公開しているお宅が減っていることや、展示場所がガレージや会所の1階に移転していることに、かなり寂しい思いがしました。やむを得ない、時代の移り変わりでは あるのですが…)

(そういう意味では、秦家住宅は、当時から変わらぬ お祀りぶりで、頼もしく、有り難い思いがしました。)


太子山の酒屋の ビールケースに座って、ビールを飲むのも楽しみだったのですが、

かなり前に、店を閉じられた様子で…。やむなく隣の、油天神山で飲みました。

床几に座って泡と懐かしさを味わっていたら、祇園祭らしい夕立があり、

慌てて 屋根の下に逃げ込んだら、そこが隣の芦刈山の会所で、

そこでも 荷茶屋に遭遇しました。

(写真の「右下」だけが、芦刈山のもので、他の3枚が太子山です。)

(当時、お茶を習い始めたばかりで、たしかにこの風炉釜も目にしてるはずなのですが、全く記憶にありません…)


太子山は、山鉾町の南西の端で、宵山でも わりと空いております。

そして、まだ屏風祭りの楽しさが味わえる地域です。

よろしければ、また ご訪問ください。



※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/
208-444 名物 花蝶文金襴   ◇きんらん◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)・花・菱形花  
208-169 赤地唐華蝶文経錦   ◇にしき◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)唐花・菱形花  
209-058 名物 邯鄲裂  :漢丹裂   ◇にしき◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)四弁花・幾何文  
209-910 胡蝶文金襴   ◇きんらん◇   :友湖:   ●蝶・(虫)  
210-910 胡蝶文紹巴   ◇しょうは◇   :友湖:   ●蝶・(虫)  
210-920 胡蝶文緞子   ◇どんす◇   :友湖:   ●蝶・(虫)  
210-502 紹紦 光萼猪豆文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(猪)・ヤブマメ・(豆・草花・果実)・蝶・(虫)  
211-404 名物 野田金襴   ◇きんらん◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)・花   ◆野田肩衝
211-910 野田裂緞子   ◇どんす◇   :友湖:   ●蝶・(虫)・花  
212-910 蝶丸木賊手金風通裂   ◇ふうつう◇   :友湖:   ●蝶・(虫)・(木賊文)  
212-400 名物 姫松金襴   ◇きんらん◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)  
212-392 紹紦 姫松手  :紹巴織 姫松金襴   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●蝶・(虫)  
213-469 名物 唐物蛍手緞子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●梅花・梅枝・虫・(蛍)  
213-910 草花文錦   ◇にしき◇   :友湖:   ●虫・蜻蛉・蝶・花  
214-046 花樹昆虫文錦   ◇きんらん◇   :徳斎:   ●虫・蜻蛉・蝶・花  
214-910 ほたる撫子文緞子   ◇どんす◇   :友湖:   ●撫子・(花)・蛍・(虫)  
000-178 駱駝文覆盆子手錦  :らくだもん苺手   ◇にしき◇   :徳斎:   ●駱駝・花・(苺)・丸・縞・幾何文  
000-406 名物 牡丹梔子柘榴蓮華蜂文緞子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●蜂・牡丹・山梔子・柘榴・蓮華・(果実・花・虫)  
000-453 唐花文緞子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●唐花  
000-487 唐花昆虫文緞子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●虫・唐花  
000-478 紹紦 上巳文緞子   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(蛇)・  
000-482 紹紦 仔馬緞子   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(馬)・  
000-485 紹紦 羊群緞子   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(羊)・  
000-486 紹紦 朝三暮四文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(猿)・  
000-491 紹紦織 茜酉文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(鳥)・  
000-513 紹紦 瑞兆白兎文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(兎)・  
000-516 紹紦 晨光龍華文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(龍)・  
000-517 紹紦 三巳文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(蛇)・  
000-518 紹紦 波形絵馬文   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●(馬)・  
215-452 茜地人形手純子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●唐子・(人物)・唐草・唐花  
215-910 唐子牡丹唐草紹巴   ◇しょうは◇   :友湖:   ●唐子・(人物)・唐草・唐花  
216-144 紹紦 人形手   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●唐子・(人物)・唐草・唐花  
216-480 紹紦 人形手亀甲裂   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●唐子・(人物)・蔓・唐花・亀甲文  
217-003 名物 紬地人形手金襴   ◇きんらん◇   :徳斎:   ●人物・獣・(馬・羊)・梅枝・椿・(花)・折枝文・宝尽・(吉祥文)  
217-433 名物 人形手牡丹唐草純子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●唐子・(人物)・唐草・牡丹・花・(梅・菊)  
218-126 名物 萌黄地人形手純子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●唐子・(人物)・唐草・唐花  
218-254 紹紦 人形手帛紗裂   ◇しょうは◇   :徳斎:   ●人物・建物・文字・筆・(文具)・麒麟・(獣)・雲・草花・(吉祥文)  
219-470 名物 人形手花文緞子   ◇どんす◇   :徳斎:   ●人物・(仙人・神)・唐草・花・鳥・(吉祥文)  
219-295 渡裂 (人形手・モール)   ◇モール◇   :徳斎:   ●人物・(徳利・食器)・樹木・獣・(鹿・虎)・雲・草花  

(弊店裂番号) 裂名 ◇織り方◇ :作者: ●文様 ◆名物茶入など(仕覆)


【在庫】:下記の 「石橋静友堂 ねっと店」 ページを入口に ご検索ください
http://seiyudo.ocnk.net/product/4083

【参考】:「茶の裂地名鑑」 (淡交社編集局:編  淡交社:発行) 他
http://www.amazon.co.jp/dp/4473018164/ref=as_li_tf_til?tag=seiyudo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4473018164&adid=1F7WNYVEWKK5VP98SZ5X&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fseiyudo.ocnk.net%2Fproduct%2F6376
【竹の禅語747-1】 「竹葉々舞」 
【竹の禅語747読み】 「たけようようまう」
【竹の禅語748-1】 「南地竹北地木」 
【竹の禅語748読み】 「なんちはたけ ほくちはき」
【竹の禅語749-1】 「竹涼風清」 
【竹の禅語749読み】 「たけはすずしくかぜはきよし」
【竹の禅語750-1】 「竹声松蔭」 
【竹の禅語750読み】 「ちくせいしょういん」
【竹の禅語751-1】 「竹渓」 
【竹の禅語751読み】 「ちくけい」
【竹の禅語752-1】 「竹影掃階塵不動 月穿潭階塵不動」 
【竹の禅語752読み】 「ちくえいかいをはらうもちりどうぜず つきたんかいをうがつもちりうごかず」
【竹の禅語753-1】 「竹心」 
【竹の禅語753読み】 「ちくしん」
【竹の禅語754-1】 「竹葉々生清風」 
【竹の禅語754読み】 「たけようよう せいふうしょうず」
【竹の禅語755-1】 「竹有上下節 松無古今色」 
【竹の禅語755読み】 「たけにじょうげのふしあり まつにここんのいろなし」
【竹の禅語756-1】 「竹深啼鳥月忘機」 
【竹の禅語756読み】 「ちくしんていちょうつきぼうき」
【竹の禅語757-1】 「竹葉片々舞」 
【竹の禅語757読み】 「ちくようへんぺんとまう」
【竹の禅語758-1】 「竹翠払仙壇」 
【竹の禅語758読み】 「ちくすいせんだんをはらう」
【竹の禅語759-1】 「竹風夜雨」 
【竹の禅語759読み】 「ちくふうやう」
【竹の禅語760-1】 「竹青松瑞色新」 
【竹の禅語760読み】 「たけあおくまつずいしょくあらたなり」
【竹の禅語761-1】 「竹有高枝 鶴有長寿」 
【竹の禅語761読み】 「たけにこうしあり つるにちょうじゅあり」
【竹の禅語762-1】 「竹密不妨流過 山高豈碍白雲飛」 
【竹の禅語762読み】 「たけみつにしてりゅうすいのすぐるをさまたげず やまたかくしてあにはくうんのとぶをさまたげんや」
【竹の禅語763-1】 「竹葉々起清風」 
【竹の禅語763読み】 「たけようようせいふうをおこす」
【竹の禅語764-1】 「竹洗耳清」 
【竹の禅語764読み】 「たけみみをあらってきよし」
【竹の禅語765-1】 「竹有金枝鶴有齢」 
【竹の禅語765読み】 「たけにきんしあり つるによわいあり」
【竹の禅語766-1】 「竹翠払仙境」 
【竹の禅語766読み】 「ちくすいせんきょうをはらう」
【竹の禅語767-1】 「竹外清風動」 
【竹の禅語767読み】 「ちくがいにせいふううごく」
【竹の禅語768-1】 「竹有佳色」 
【竹の禅語768読み】 「たけにかしょくあり」


掛軸/ 掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                       ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news-detail/61
【蚊の禅語488-1】 「蚊子上鉄牛」 
【蚊の禅語488読み】 「ぶんすてつぎゅうにのぼる」
【竹の禅語489-1】 「雨竹松風皆説禅」 
【竹の禅語489読み】 「うちくしょうふう みなぜんをとく」
【竹の禅語490-1】 「撃竹一声」 
【竹の禅語490読み】 「げきちくいっせい」
【竹の禅語491-1】 「香厳撃竹」 
【竹の禅語491読み】 「きょうげんげきちく」
【竹の禅語492-1】 「竹影掃階塵不動 月穿潭底水無痕」 
【竹の禅語492読み】 「ちくえいきざはしをはらって ちりうごかず つきたんていをうがって みずにあとなし」
【竹の禅語493-1】 「相送当門有脩竹」 
【竹の禅語493読み】 「あいおくって もんにあたればしゅうちくあり」
【竹の禅語494-1】 「竹為君葉々起清風」 
【竹の禅語494読み】 「たけはきみがために ようようとしてせいふうをおこす」
【竹の禅語495-1】 「脩竹不受暑」 
【竹の禅語495読み】 「しゅうちくしょをうけず」
【竹の禅語496-1】 「脩竹風月清」 
【竹の禅語496読み】 「しゅうちくふうげつきよし」
【竹の禅語497-1】 「脩竹涼風至」 
【竹の禅語497読み】 「しゅうちくりょうふういたる」
【竹の禅語498-1】 「三年辛苦已栽竹 一夜工夫又作梅」 
【竹の禅語498読み】 「さんねんしんくして すでにたけをうえる いちやのくふう またうめとなる」
【竹の禅語499-1】 「山僧活計茶三畝 漁夫生涯竹一竿」 
【竹の禅語499読み】 「さんそうがかっけいちゃさんぽ ぎょふのしょうがいたけいっかん」
【竹の禅語500-1】 「清風動脩竹」 
【竹の禅語500読み】 「せいふうしゅうちくをうごかす」
【竹の禅語501-1】 「清風入梧竹」 
【竹の禅語501読み】 「せいふうごちくにいる」
【竹の禅語502-1】 「松無古今色 竹有上下節」 
【竹の禅語502読み】 「まつにここんのいろなく たけにじょうげのふしあり」
【竹の禅語503-1】 「清風入呉竹」 
【竹の禅語503読み】 「せいふうごちくにいる」
【竹の禅語504-1】 「清風引脩竹」 
【竹の禅語504読み】 「せいふうしゅうちくをひく」
【竹の禅語505-1】 「清風在竹林」 
【竹の禅語505読み】 「せいふうちくりんにあり」
【竹の禅語506-1】 「草堂雲談竹風清」 
【竹の禅語506読み】 「そうどううんだんちくふうきよし」
【竹の禅語507-1】 「竹雨松風共説禅」 
【竹の禅語507読み】 「ちくうしょうふう ともにぜんをとく」
【竹の禅語508-1】 「此君葉々清風起」 
【竹の禅語508読み】 「しくん ようようせいふうをおこす」
【竹の禅語509-1】 「竹影掃階塵不動 月穿潭階塵不動」 
【竹の禅語509読み】 「ちくえいかいをはらうもちりどうぜず つきたんかいをうがつもちりうごかず」

掛軸/ 掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                       ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news-detail/61
【夏の禅語208-1】 「一山行尽一山青」
【夏の禅語208読み】 「いっさんゆきつくせば いっさんあおし」
【夏の禅語209-1】 「一条流水達青山」
【夏の禅語209読み】 「いちじょうのりゅうすい せいざんにたっす」
【夏の禅語210-1】 「数片白雲籠古寺 一条緑水繞青山」
【夏の禅語210読み】 「すうへんのはくうん こじをこめ いちじょうのりょくすい せいざんをめぐる」
【夏の禅語211-1】 「一渓緑水繞青山」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語211読み】 「いっけいのりょくすい せいざんをめぐる」
【夏の禅語212-1】 「青山繞」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語212読み】 「せいざんをめぐる」
【夏の禅語213-1】 「一笑千山青」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語213読み】 「いっしょうすれば せんざんあおし」
【夏の禅語214-1】 「一心如雲水」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語214読み】 「いっしんはうんすいのごとし」
【夏の禅語215-1】 「一声鵑」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語215読み】 「いっせいのけん」
【夏の禅語216-1】 「帰也杜鵑枝上月三更」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語216読み】 「かえらん とけんしじょう つきさんこう」
【夏の禅語217-1】 「一声山鳥曙雲外 万点水螢秋草中」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語217読み】 「いっせいのさんちょうは しょううんのほか ばんてんのすいけいは あきくさのうち」
【夏の禅語218-1】 「一声啼破万山雲」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語218読み】 「いっせいていはす ばんざんのくも」
【夏の禅語219-1】 「一声杜宇孤雲上」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語219読み】 「いっせいのとう こうんのうえ」
【夏の禅語220-1】 「一声雷震清風起」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語220読み】 「いっせいらいふるって せいふうおこる」
【夏の禅語221-1】 「一帯雲」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語221読み】 「いったいのくも」
【夏の禅語222-1】 「独坐大雄峰」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語222読み】 「どくざだいゆうほう」
【夏の禅語223-1】 「一峰雲去来」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語223読み】 「いっぽうくもきょらいす」
【夏の禅語224-1】 「一峰雲双澗水」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語224読み】 「いっぽうのくも そうかんのみず」
【夏の禅語225-1】 「一峰雲片々 双澗水潺々」 (読みは夜にツイート予定)
【夏の禅語225読み】 「いっぽうくもへんぺん そうかんみずせんせん」
【夏の禅語226-1】 「一峰雲悠々」
【夏の禅語226読み】 「いっぽうくもゆうゆうたり」
【夏の禅語227-1】 「行雲流水」
【夏の禅語227読み】 「こううんりゅうすい」
【夏の禅語228-1】 「浮雲流水」
【夏の禅語228読み】 「ふうんりゅうすい」
【夏の禅語229-1】 「行処青々緑水」
【夏の禅語229読み】 「ゆくところせいせいりょくすい」

掛軸/ 掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                       ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news-detail/61