ホーム > おしらせ

おしらせ

rss

件数:47

実店舗におきましては、
まことに勝手ながら、下記の日程をもちまして、休業とさせて頂きます。


:8月12日(水) 〜 8月17日(月)

(暦表) https://seiyudo.ocnk.net/calendar


・上記の期間中も、ご注文は頂けますが、ご注文に関する連絡、お問合への回答
 が、若干 遅れる場合がございます。

(8月13日(木) 〜 8月16日(日)は、特に、ほぼ応対が難しいかと存じます。)

お品がお決まりの際は、お早めにご注文賜れましたら、幸いに存じます。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
コロナ禍において、裏千家 千宗室家元が「濃茶の回し飲みを避けるため」

13代家元 圓能斎の考案された「各服点」の点前を、ビデオメッセージにて公開されました。

http://www.urasenke.or.jp/movie/explanation/explanation.html

「ぜひ参考になさって下さい」「宜しければ、他流の皆さんも」「役立てて下さい」

と公開の意義を述べられております。


メッセージにありますように、お点前に使用される圓能斎好みの長盆は特殊なものですので、

(いずれ それに類するものの販売の可能性はございますが)

現在の所、最も近い寸法のものは、懐石道具の脇引盆

https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E8%84%87%E5%BC%95%E7%9B%86&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

かと存じます。


なお、各ご流儀におきましても、刻一刻と変わる状況を

各流ホームページにて 公開しておられますので、

宜しければ 本店の「各流 ホームページ一覧」

https://www.bansui.jp/menu-detail/19

もご参照頂けましたら幸いに存じます。

(ここ数年は 元旦には 見送りこそすれ)

なるべく毎月月初に お送りしております メールマガジンが、遅れてしまいましたことを お詫び申し上げます。

「紙小茶巾 騒動」に 忙殺され、月末月初の業務が ままならぬ状況だった 次第でございます。

「マスク不足」が報道されはじめた 当初、内心 危惧していたことが、現実化したことに、無念さを禁じえません。

此の度の熱狂は、ごく一部の同業者さまが、一般の (「茶道に興味がない」意) お客様に、

積極的に 売り込んだ事に 端を発している かと存じます。



不安なこの時代、何かにすがらざるを得ず、不足している物資を 別のもので埋める 状況も解ります。

僭越ながら、

「転用」は、利休居士 以来、「見立て」の美意識に 通ずる所 もありましょう。

また、

「売らんかな」精神は、商人として 当然の業 かと存じます。
 


弊店では、

10年程前の 中国での「鉄瓶ブーム」の折も、それと 一歩距離をおいて 参りました。

極端な熱狂は バブルに過ぎず、それが 弾けた飛沫は、私たち自身に 返って来る と思うからです。

斜陽である ことが自明な、

伝統産業 の一端に、自ら飛び込んだ者として、

なるべく良い形で 次代にバトンを繋ぐべく、何が足りないのか 自分に何ができるのか を常に心に置いて参りました。

それでも なかなか、「ブーム」を「ムーブメント」に繋げるのは、難しい次第です。


(願わくば、今回の「紙小茶巾 騒動」 で、それまで全く 興味の無かった方々が、一人でも 茶道の方を 振り向いてくれます ことを…)


業界の末端 に座る者として、旧き佳き時代 とは異なり

茶道具の「安定供給」が、難しさを増している ことを実感する日々 であります。

ブームは 安定供給を 破壊させる 一因です。


「医療従事者」にとって マスクが 必要不可欠品 であるのと同様に、

茶道人 にも欠かせぬ物があります。

(これは、「緊急事態宣言下における 物資の供出」レベルの話では ありません。あくまでも、市井の製品売買の話です。)

そして、

こういう時こそ、お茶や お華や お香の大切さを、有り難さを、実感する次第です。



マスクは少しずつ 手に入れやすくなりつつある と聞き及びます。

「平常心是道」 そして 「看脚下」

非日常が日常となってしまった世界では なかなか難しいことでは ありますが、

(「紙小茶巾」は、インナーマスク用に開発されたものでは ございません。)

私たち 一人ひとりが 閑坐して 松風を聴き、なるべく 心静かに

おのおのの日常を 過ごしたい所かと、

自戒を込めて 願う次第です。



石橋静友堂-石橋晩翠居
石橋啓一郎



例年 春と秋の2回 「タイムサービス」 と称して

短期間限定で 開催させて頂いております セールを

今期も 開始いたしました。

http://seiyudo.ocnk.net/product-group/20


いずれも個数限定となっておりますので、

ご希望の節は お早めにご注文賜われましたら 幸いです。

何卒 宜しくお願い申し上げます。



つつがなく「歌会始の儀」 が催され、来年2021年の 御題が、『実』 と発表されました。

:宮内庁:「詠進歌の詠進要領」
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html

ので、

毎年恒例の このネタ 記事でございます。


(明治2年に復興されて以降の「勅題 一覧」は コチラ ↓)
http://www.bansui.jp/diary-detail/27

*

毎年 本記事にて、9月頃に発表される お道具達がどんな風になるか、予想して楽しむ訳ですが、

(作家さん方の ご苦慮を偲ぶ訳ですが)

「実」は文字通り 実用的な語で、語義が狭く、非常につくり辛い御題ではないでしょうか?

(平成24年の「岸」や平成15年の「町・街」と同じくらい…)


宮内庁の発表によりますと、

お題は「実(じつ)」ですが 「実」の文字が詠み込まれていればよく、
「実験」「果実」のような熟語にしても 「実る」のように訓読しても
差し支えありません。…

とのことで、

ここで 毎年恒例の 名物道具の中から「実」を探してみますと…


(ちなみに「実」の勅題は、明治2年以降、熟語も含めて 初出です。)


まず、れいによって 「大正名器鑑」を見てみますと、
https://www.bansui.jp/diary-detail/117?category=2

淡い期待はもろくも崩れ、「実」の字をもつ名物茶道具は、茶入にも茶碗にも 見つかりません…

そして、今回はついに 「名物裂 一覧」
https://www.bansui.jp/page/kensaku?q=%E5%90%8D%E7%89%A9%E8%A3%82%E3%80%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

からも、
「実」の名をもつ名物裂が見いだせませんでした。

(ただ、果実文様の裂なら、写真の「山椒緞子」や「いちご裂錦」以外にも、かなりの数がございました…)

ということは、「実」は案外 広く、意外とつくり易いのでしょうか?

創る側 でないので、毎年 勝手なことを申す訳ですが。

*

本年も そろそろ饒舌は止して、本年のお題「望」 の数首を紹介するとしまして…

今宵はこの辺で…


【御製】

学舎(まなびや)にひびかふ子らの弾む声さやけくあれとひたすら望む


【皇后陛下】

災ひより立ち上がらむとする人に若きらの力希望もたらす


【高円宮妃久子さま】

サッカーに関はりたれば五輪への出場国をひた待ち望む


【選者:内藤明さん】

新しき靴履きて立つ街角にわが望郷の方位をさがす


【村上秀夫さん:山形県】

それぞれに月傾けて子どもらは墨くろぐろと「望」の字を書く



写真:【石橋静友堂 ねっと店】 古帛紗 山椒緞子  *土田友湖*  [v101kbs049902]
https://seiyudo.ocnk.net/product/10394

写真:【石橋静友堂 ねっと店】 飾火箸 椎ノ実頭  [202hbh44475]
https://seiyudo.ocnk.net/product/1822


※干支・勅題の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-group/22

※「実」の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%AE%9F&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2



初春の御祝詞を申し上げます。

皆様にとりまして 大望 叶う一歳となりますことを。

本年も 何卒 宜しくお願い申し上げます。

例年 春と秋の2回 「タイムサービス」 と称して

短期間限定で 開催させて頂いております セールを

今期も 開始いたしました。

http://seiyudo.ocnk.net/product-group/20


いずれも個数限定となっておりますので、

ご希望の節は お早めにご注文賜われましたら 幸いです。

何卒 宜しくお願い申し上げます。


※「夏むき」「秋むき」商品も含め、順次 追加して参る所存です。




改元に関して 今年は例年より四カ月遅れで

来年2020年の 御題が、『望』 と発表されました。


:宮内庁:「詠進歌の詠進要領」
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html


ので、

毎年恒例の このネタ 記事でございます。


(明治2年に復興されて以降の「勅題 一覧」は コチラ ↓)
http://www.bansui.jp/diary-detail/27

*

毎年 当ブログにて、9月頃に発表される お道具達がどんな風になるか、予想して楽しむ訳ですが、

(作家さん方の ご苦慮を偲ぶ訳ですが)

今回のような抽象的な語からは、自由に想像を飛躍し 昇華させるパターンと、

言葉の茫漠さに 少し強引に解釈をねじ込んでいく パターンに分かれるような気がします。


(「令和」になって初めての「歌会始の儀」ということで、「万葉集」の中の一首に「希望」が詠われているような…
 後者のパターンも 多いでしょうか?)


宮内庁の発表によりますと、

お題は「のぞみ」ですが 「望」の文字が詠み込まれていればよく、
「希望」「望郷」のような熟語にしても 「望む」のように訓読しても
差し支えありません。…

とのことで、

ここで 毎年恒例の 名物道具の中から「望」を探してみますと…


(「望」の勅題は、私の記憶では ここ十年ほどのうちに採用があった気がしてましたが、
  たんに私の勘違いで、
  明治9年 (1876年)に 『新年望山』 という御題があっただけで、初出でした…)


まず、れいによって 「大正名器鑑」を見てみますと、
https://www.bansui.jp/diary-detail/117?category=2

なんと意外にも、「望」の字をもつ名物茶道具は、茶入にも茶碗にも 見つかりません…

(ちなみに「のぞみ」「のぞむ」でも、見当たりません。)

(少し脱線して「希」で探しても、ありません…)


では、同じく名物裂に 目を転じてみますと、

これまた意外なことに… 「284-161 望月間道」・「284-296 箔入真田望月間道」
https://www.bansui.jp/page/kensaku?q=%E7%AE%94%E5%85%A5%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%9C%9B%E6%9C%88%E9%96%93%E9%81%93
(数字は弊店の裂番号。どちらも「徳斎製」となっていますが、望月間道は友湖製もあるのかと…)

の2裂しか 見当たりません。


あと、すぐに思い当たるのは、「惺斎好 望棗」や「碌々斎好 既望棗」

そして 弊店の「茶道アプリ」 で検索しましても、「仙叟好 望月棗」
https://www.bansui.jp/page/kensaku?q=%E6%9C%9B%E6%A3%97

くらいしか 出て来ませんでした。


また、禅語については、茶道アプリの禅語検索 で概観したところ
https://twilog.org/seiyudo/search?word=%E7%A6%85%E8%AA%9E%E3%80%80%E6%9C%9B&ao=a

「湖光一望清」 しか今の所 出てきませんでしたが、

今年も 時間が許せば、10月頃に「望の禅語」をまとめてみたいと思います。

(今年は、あまり 時間が許さない 可能性がありますが…)


(茶道アプリの検索中に たまたま、2003年の 樂吉左衛門さんの
  焼貫黒樂茶碗 に、「望湖樓醉」〈ぼうころうすい〉
  の銘のあるものを 見つけてしまいました…
  https://www.bansui.jp/diary/2017_02
  もちろん?弊店の販売品では ありませんが…)

*

例年は、ここで天皇陛下の御製 ほか 召人や選者の歌を数首 紹介しておりますが、

今年は 歌会始と御題の発表の時期がずれましたので、

このあたりで…

*

写真:【石橋静友堂 ねっと店】 古帛紗 名物 望月間道  *北村徳斎*  古袱紗*小服紗 [909kbs99161]

(出袱紗もございます)
https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%9C%9B%E6%9C%88&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2


※「望」の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%9C%9B&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

※干支・勅題の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-group/22


いつも弊店およびグループ各店をご愛顧賜り、まことにありがとうございます。

天皇陛下御即位・改元に伴う大型連休につきまして、
弊店では 以下のとおりの営業とさせて頂く所存です。

店舗:すでにご予約頂いているお客様のみ

通販各店:カレンダーどおりの受注・発送

    (期間中も、ご注文は頂けますが、ご注文に関する連絡、お問合への回答
     が、ほぼ難しい次第です。)

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


また、「石橋静友堂 ねっと店」内にございます

:新元号「令和」/天皇陛下 御即位記念: 
https://seiyudo.ocnk.net/product-group/29?division=4
も、併せてご高覧賜われましたら 幸いです。