ホーム > おしらせ > : 令和4年 勅題 「窓」 (お題・御題)  :

: 令和4年 勅題 「窓」 (お題・御題)  :



例年とは異なり 「新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大状況に鑑み」 延期されていた 「歌会始の儀」が、

2カ月遅れで、また フェイスシールドやアクリル板を用いた上で、ようやく催され、

来年2022年の 御題が、『窓』 と発表されました。

:宮内庁:「詠進歌の詠進要領」
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html

ので、

毎年恒例の このネタ 記事でございます。


(明治2年に復興されて以降の「勅題 一覧」は コチラ ↓)
http://www.bansui.jp/diary-detail/27

*

毎年 本記事にて、9月頃に発表される お道具達がどんな風になるか、予想して楽しむ訳ですが、

(作家さん方の ご苦慮を偲ぶ訳ですが)

「窓」はとても具象的な語で、語義が狭く、しかも歴史上 1959年(昭和34年)に 既に一度採用されている 御題ですので、

重複を避けるのか はたまた 前回のを参照するのか、考え方の方向性によって、

アイデアの選択肢が、広くも狭くもなる 御題だと思われます。


宮内庁の発表によりますと、

お題は「窓(まど)」ですが、歌に詠む場合は「窓」の文字が詠み込まれていればよく、「窓辺」、「車窓」、「同窓」のような熟語にしても差し支えありません。…

とのことで、

ここで 毎年恒例の 名物道具の中から「窓」を探してみたいと思います。


まず、れいによって 「大正名器鑑」を見てみますと、
https://www.bansui.jp/diary-detail/117?category=2

「窓」の字をもつ名物茶道具は、(茶入には見つからなかったものの)、茶碗では

楽道入(ノンコウ)作の 黒楽茶碗 銘「山窓(やままど)」

1碗のみが かろうじて 見つかりました。


ただ 「名物裂 一覧」
https://www.bansui.jp/page/kensaku?q=%E5%90%8D%E7%89%A9%E8%A3%82%E3%80%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

には、やはり
「窓」の名をもつ名物裂が見いだせませんでした。


逆に 「窓」という語を含む「禅語」となると、

決して 少なくはなく、いずれ まとめてご紹介できれば… と考えている次第です。

*

本年は特に急ぎ足にて、本年のお題「実」 の数首を紹介するとしまして…

今宵はこの辺で…


【御製】

人々の願ひと努力が実を結び平らけき世の到るを祈る


【皇后陛下】

感染の収まりゆくをひた願い出で立つ園に梅の実あをし


【三笠宮彬子さま】

地図帳にあの日見つけし茶畑の不思議な点は茶の実のかたち



写真:【石橋静友堂 ねっと店】 茶碗 黒楽 「千鳥」  のんこう写  *佐々木昭楽*  のんこう七種 [001cwn93003]
https://seiyudo.ocnk.net/product-list/47


※干支・勅題の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-group/22