ホーム > おしらせ > : (お詫び と お願い) 「平常心是道」「看脚下」… :

: (お詫び と お願い) 「平常心是道」「看脚下」… :

(ここ数年は 元旦には 見送りこそすれ)

なるべく毎月月初に お送りしております メールマガジンが、遅れてしまいましたことを お詫び申し上げます。

「紙小茶巾 騒動」に 忙殺され、月末月初の業務が ままならぬ状況だった 次第でございます。

「マスク不足」が報道されはじめた 当初、内心 危惧していたことが、現実化したことに、無念さを禁じえません。

此の度の熱狂は、ごく一部の同業者さまが、一般の (「茶道に興味がない」意) お客様に、

積極的に 売り込んだ事に 端を発している かと存じます。



不安なこの時代、何かにすがらざるを得ず、不足している物資を 別のもので埋める 状況も解ります。

僭越ながら、

「転用」は、利休居士 以来、「見立て」の美意識に 通ずる所 もありましょう。

また、

「売らんかな」精神は、商人として 当然の業 かと存じます。
 


弊店では、

10年程前の 中国での「鉄瓶ブーム」の折も、それと 一歩距離をおいて 参りました。

極端な熱狂は バブルに過ぎず、それが 弾けた飛沫は、私たち自身に 返って来る と思うからです。

斜陽である ことが自明な、

伝統産業 の一端に、自ら飛び込んだ者として、

なるべく良い形で 次代にバトンを繋ぐべく、何が足りないのか 自分に何ができるのか を常に心に置いて参りました。

それでも なかなか、「ブーム」を「ムーブメント」に繋げるのは、難しい次第です。


(願わくば、今回の「紙小茶巾 騒動」 で、それまで全く 興味の無かった方々が、一人でも 茶道の方を 振り向いてくれます ことを…)


業界の末端 に座る者として、旧き佳き時代 とは異なり

茶道具の「安定供給」が、難しさを増している ことを実感する日々 であります。

ブームは 安定供給を 破壊させる 一因です。


「医療従事者」にとって マスクが 必要不可欠品 であるのと同様に、

茶道人 にも欠かせぬ物があります。

(これは、「緊急事態宣言下における 物資の供出」レベルの話では ありません。あくまでも、市井の製品売買の話です。)

そして、

こういう時こそ、お茶や お華や お香の大切さを、有り難さを、実感する次第です。



マスクは少しずつ 手に入れやすくなりつつある と聞き及びます。

「平常心是道」 そして 「看脚下」

非日常が日常となってしまった世界では なかなか難しいことでは ありますが、

(「紙小茶巾」は、インナーマスク用に開発されたものでは ございません。)

私たち 一人ひとりが 閑坐して 松風を聴き、なるべく 心静かに

おのおのの日常を 過ごしたい所かと、

自戒を込めて 願う次第です。



石橋静友堂-石橋晩翠居
石橋啓一郎