> > : 平成31年 勅題 「光」 (お題・御題)  :

: 平成31年 勅題 「光」 (お題・御題)  :



つつがなく「歌会始の儀」 が催され、来年2019年の 御題が、『光』 と発表されました。

:宮内庁:「詠進歌の詠進要領」
http://www.kunaicho.go.jp/event/eishin.html

ので、

毎年恒例の このネタ 記事でございます。


(明治2年に復興されて以降の「勅題 一覧」は コチラ ↓)
http://www.bansui.jp/diary-detail/27

*

毎年 本記事にて、9月頃に発表される お道具達がどんな風になるか、予想して楽しむ訳ですが、

(作家さん方の ご苦慮を偲ぶ訳ですが)

「光」は、本年の「語」以上に つくり易い御題 なのではないでしょうか?

(本年の「語」は、『大正名器鑑』所載の名物道具で、
 その銘をもつものは皆無でしたが、「光」となりますと
 「珠光文琳」「龍光院丸壺」「龍光院鶴首」「珠光天目」「珠光青磁」「龍光院井戸」「三光 (黒 四方ノンコウ)」「加賀光悦」「膳所光悦」…
  と、珠光・光悦・龍光院に纏わるものが、たくさん挙げられます。)


宮内庁の発表によりますと、

「光線」「栄光」のような熟語にしても、また、「光る」のように訓読しても差し支えない

とのことですので、さらにイメージは膨らみます。


(本年の「語」は、私の予想どおり「源氏物語」にちなむ茶道具がたくさん登場しましたが、「光」源氏として、来年も転用できそうです。

  また、そもそも「光」という勅題は、「明治5年 (1872年) 風光日々新」「大正11年 (1922年) 旭光照波」の他、

  「昭和35年 (1960年) 光」や、直近でも 「平成22年 (2010年) 光」 と、

  ほんの十年を満たずして、同じ御題の採用となりました…)



創る側 でないので、毎年 勝手なことを申す訳ですが。

*

例年は、ここで天皇陛下の御製 ほか 召人や選者の歌を数首 紹介しておりますが、時間の都合で、今年は

http://www.kunaicho.go.jp/culture/utakai/pdf/utakai-h30.pdf (平成30年 歌会始御製御歌及び詠進歌:宮内庁)

にて 略させて頂きます…

*

写真:【石橋静友堂 ねっと店】 茶碗 源氏物語  *今岡三四郎*  勅題・御題 [0cwn086010eto]
https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2


※「光」の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%85%89&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

※干支・勅題の茶道具
https://seiyudo.ocnk.net/product-group/22